耳鍼 戦場鍼(BFA)

Battle Field Acupuncture

とは

Battlefield Acupunctureとは、米空軍の軍医であったDr.Richard Niemtzow(ニムゾフ退役軍医大佐)が2001年に名付けた鍼法で、ASP鍼という特殊な鍼を耳ツボに置鍼をする疼痛管理の施術法です。兵士には、戦場や病床では着ているものを脱いだりせずに施術しやすい耳鍼が評価されたようです。耳は刺しやすく、即効性に優れているので、米軍軍医を対象とした鍼の生涯教育の一部にもなっています。
 

研究の結果、Dr.Richard Niemtzow(ニムゾフ退役軍医大佐)が導き出した5ポイントにASP鍼を刺鍼するだけのシンプルな治療方法ですが、再現性と即効性に優れており、平均して約75%に疼痛の軽減がある※1と報告されています。

※1 http://fanblogs.jp/japanasptherapyassociation/archive/20/0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適応症と禁忌

 

適応症:
1.急性および慢性疼痛症候群
2.片頭痛
3.PTSD
4.うつ病/不安
5.ストレス誘発性無関心と不眠症
6.術前/術後疼痛補助

 

禁忌:

1.妊娠または妊娠の可能性のある患者
2.出血障害のある患者
3.針を嫌う患者
4.針に対する嫌悪の個人歴、又は針に対する血管迷走神経反射のある患者
5.刺鍼部位に感染症がある患者
6.Active Flight Duty(活発な飛行任務には適さない※2)

 

 

 

Battlefield Acupuncture® は松浦鍼灸院が管理する登録商標です。

当院は、商標ライセンス契約やアドバンスコースの個別技術指導受講などの必要手続きを経てSedatelec®社が製造するASP-Needle®を使用出来る、東京では数少ない日本ASPセラピー普及協会(JATA)会員です。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.